VDIに悩む全てのシステム担当に。成果につながる最適解を。

VDI lab. produced by 日商エレクトロニクス

VDI lab.とは

VDIのこと“正しく”知っていますか?

ブラックボックス化されるVDI

「家を建てる時には、「土地の広さはどれくらいなのか?」「住む人数は何人なのか?何部屋必要なのか?」
「どのような機能(間取り、収納等)が必要なのか?」など、
家をつくる人が“どういう生活をしていたか”、加えて“どういう生活をしていきたいか”という情報を加味して
設計をしていくことになります。
本来VDIでも「どのような環境でパソコンを使っているのか?」「アプリケーションは何を使っているのか?」などの
情報をしっかり把握し、それぞれの企業ごとに設計されるべきです。

しかし、VDI構築においてこれまでそのような情報を簡単に収集する方法がなく、
仕方なく“適当に”設計し、VDI導入を進めてしまっているのが現状です。
そのため、ほぼ100%と言っていいほど、導入後に課題が発生しています。

  • アプリを幾つか立ち上げると
    PCが遅くて仕事にならない

  • VDIを導入したものの
    性能が出ず原因がわからない

  • VDIの導入が本当に
    上手くいったのかわからない

導入後の皆様は、上記の課題になんらか当てはまるものがあるのではないでしょうか?

運用のことまでしっかり考えた導入を

導入時はVDIのいいところばかりが見えてしまい、導入後の運用までしっかりと考えが及んでいないケースが多々あります。
そしてVDI導入後、様々な課題に直面しどうすればいいのか分からないという悲鳴にも似たご相談を頂きます。

もちろん、正しく利用すればVDIは有効なツールで、
ワークスタイル変革、運用管理コスト・リソース軽減、情報セキュリティなど、貴社に様々な成果をもたらします。

VDI lab.とは?

「VDIのことをもっと知って欲しい」ひいては、
「自社のVDI状況をしっかり把握して欲しい」ということが我々の想いであり、ミッションです。
本サイトでは、正しいVDI運用を行い、VDIの本当の成果を見出すことができるようになる情報を掲載しております。
我々のご提供する様々な“ノウハウ”や“VDI関連のサービス”が貴社のVDI環境の改善のお役に立てれば幸いです。